NTLM認証の覚え書き

Windows環境では、NTLM(NT LAN Manager)とKerberosの2つの認証プロトコルが主に利用される。 Windows 2000以降はKerberos認証が推奨になっているが、未だによく見るNTLM認証の動きを整理する NTLMはいわゆるチャレンジ、レスポンス方式で、チャレンジといわれるランダムデータを元にパスワード値を組み合わせて計算し、クライアント側とサーバ側でその比較をおこなうことで認証要求の正当

GitのCommitユーザを修正する方法

githubのcontributionsを見ていたら確かにリポジトリ更新したはずなのに草が生えてなかった。 contributions Activityを見ると、なぜか違うユーザでcommitしたことになっている。 どうやら、メインのPCはMacなのだがたまにサブのWindowsからおこなったcommitが別ユーザで実施したことになっているらしい。そこでgitのcommitユーザの確認と過去のcommitユーザの修正方法につい

k8s Cheat Sheet #1 -基本

・help参照 1 kubectl --help ・version確認(Client と Server ) 1 kubectl version ・yaml minifestの適用 1 Kubectl -f FileName k8sクラスタのローカルcontext関連のコマンド ・Local Configの一覧表示 1 kubectl config view ・現在アクティブになっているcontextの表示 1 kubectl config current-context ・アクティブなcontextの切り替え 1 kubectl config use-context CONTEXT_NAME ・Contextの一覧表示 1 kubectl config get-contexts ・Local Configのクラスタ名だけ一覧表示 1 kubectl config get-clusters

kubectl --help

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 kubectl --help kubectl controls the Kubernetes cluster manager. Find more information at: https://kubernetes.io/docs/reference/kubectl/overview/ Basic Commands (Beginner): create Create a resource from a file or from stdin. expose Take a replication controller, service, deployment or pod and expose it as a new Kubernetes Service run Run a particular image on the cluster set Set specific features on objects Basic Commands (Intermediate): explain Documentation of resources get Display one or many resources edit Edit a resource

k8s Reference List

Kubernets Official https://kubernetes.io/ k8s - Github reposittory https://github.com/kubernetes k8sの概念とかアーキテクチャとかyamlの例とか https://kubernetes.io/docs/concepts/overview/what-is-kubernetes/ Kubectlのリファレンス https://kubernetes.io/docs/reference/generated/kubectl/kubectl-commands Kubectl Cheat Sheet https://kubernetes.io/docs/reference/kubectl/cheatsheet/ Azure Kubernetes Service - Github reposittory https://github.com/Azure/AKS

Docker Cheat Sheet #3 - 削除系コマンド

停止コンテナ、タグ無しイメージ、未使用ボリューム、未使用ネットワーク一括削除 1 docker system prune 停止コンテナ一括削除 1 docker container prune 全コンテナ一括削除 1 docker rm -f `docker ps -a -q` 未使用イメージ一括削除 1 docker image prune タグ無しイメージ一括削除 1 docker rmi `docker images -f "dangling=true" -q` 未使用ボリューム一括削除 1 docker volume rm docker volume ls -q 未使用ネットワーク一括削除 1 docker network prune コンテナを動いているとイメージを削除できないので、本当に全部削除したい時は次の順序で実施する コンテナを全削除す

Docker Cheat Sheet #2 - 表示系

・コンテナの一覧表示 1 2 3 4 dokcer ps // or docker container list #※defaultはrunningされたコンテナのみ表示 -a で全表示 dokcer ps -a ・コンテナイメージの一覧表示 1 docker images ・docker hubからのイメージ検索 1 2 3 4 docker search <ImageName> #Officalのイメージのみ検索 docker search --filter is-official=true <ImageName>